確定月と配布月を知って安心できる株主優待環境を作ろう

株主優待がお得だから株を買ったという方もおいでかと思います。
「〇月の株主優待」と記述があるにもかかわらず、その月に届かないなどと不安な方もまたいらっしゃるかもしれません。
そこでここでは、株主優待が届くタイミングなどについてみておきましょう。

まずは知りたい権利確定月

「〇月の株主優待」という記述がある場合、これはこの月に配布をされるという意味合いではなく「権利が確定した」という意味合いで解釈するとわかりやすいでしょう。

確定月と配布月について

権利確定月とは、その月に株主として登録しているという意味合いです。
その月に株主として登録をされていると「それ以降」に優待品・配当などといった株主優待を受けられるということになります。
一般的には30日・31日ということがいわれていますが、まれに20日が権利確定日となる銘柄もありますのでご確認いただければと思います。

株主優待はいつ届くのか

では、株主優待はいつ届くのでしょうか。
先の権利確定日から起算して2~3カ月後に届くというところが多いようです。
それを目安に待っておくのが良いでしょう。
いつ発送されるのか詳しく知りたいという方は、各企業に問い合わせをしていただけたらと思います。

権利確定から3か月以上経過しても届かない方へ

もし、3か月ほど待っているのに優待が届かないなどという場合には、今一度受けることができる条件を確認して該当しているかどうかを見てみましょう。
保有数によって株主優待の内容が異なる場合・ないという場合もありますので見落としがあるかもしれません。
該当しているにも関わらず届かないという場合には、各企業に問い合わせをしてみるのが安心です。

株主優待の配布のまとめ

今回は、いつ手元に届くのかということについて考えていきました。
ガイドラインを知ることにより、不安な気持ちを抱くことなく優待を受けることができるかとも思います。
予想と反して条件外だったなどということがないように、購入時にしっかりと条件を確認しておきましょう。