株主優待を受けるために知っておきたいタイミングや購入枚数について

株主優待を受けてみたい。
そういった方はまず株を購入していただくという形になります。
優待という点に魅力を感じているのであれば、株の購入時のポイントをチェックしていただくことをおすすめしたいのです。
そこで今回はそんなポイントについてご紹介していきたいと思います。

株主優待を受け取る時要件などについて

基本的に、株式優待を受けるには、理研付き最終日というものと株の保有数というものを確認したうえで購入していただきたいのです。
この2つを抑えておくと、満足できる形で株主優待を受けることができるでしょう。

利権付き最終日について

株主優待を受け取るためには、理研付き最終日時点で株を保有している必要性があります。
もう少し掘り下げて言うと、確定日の2営業日前ということになります。
企業ごとによって異なりますが、大半が3月31日と9勝ち30日となっています。
そして品物や優待内容のものが届くのは確定日の2か月後となっております。
とはいえ、確定日直前は銘柄の株価が上昇するということも考えられますので、優待券を中心にして株式を始めるのでしたら利権付き最終日前早めに購入しておきましょう。

株の保有数について

こちらは、各企業のウェブサイトなどに詳細が書かれているかと思いますが、優待を受け取るには各企業が指定している株数を保有する必要性があるのです。
また、保有株数によって優待内容が異なることも少なくありません。
最低単元が100株としていても、優待をうけるには500株が必要だというところもありますのでご注意いただけたらと思います。
先に触れたように保有株数が多いほどに優待内容もグレードアップするというものもありますのでしっかりと確認しておきましょう。

株主優待を受けるためのタイミングについてのまとめ

今回は、タイミングという点を中心に株主優待を見ていきました。
購入時期から購入単元まで知っておくと、「こんなはずではなかった」などということにならずに済むかと思いますので、ぜひとも知識として持っていただけたらと思います。