株主優待を受け取る際に譲渡や売却についての知識も持っておくと便利

株式を始めるにあたって、その魅力の1つとなっているのが株主優待です。
チケット類などを提供してくれるという企業もあり、お得に日常生活にお役立ていただけるかとも思います。
しかし、期限内使えないというケースも考えられるでしょう。
そんな際に思いつくことが多い「譲渡」について考えていくことにしましょう。

株主優待券の譲渡について

原則的には株主が利用することが望ましいのですが、そのほかのご家族などが利用をしていただいても良いというのが現状となっています。

非売品のしるしについて

株式優待県の中には「非売品」などと書かれていることが少なくありません。
これは、企業が有償での配布はしていないというしるしともいえるのです。
ですので、譲渡が禁止されているというわけではありません。
貰う資格を株主に限ってはいるものの、使用の資格は限っていないのです。
ですので、法律的に抵触してしまうなどということもないのです。

記名について

中には、優待券そのものに名前を記入する必要があるものも存在しています。
これらは記名なしでも使用できるものが大半とはなっていますが、求められた際には使用者の氏名を記入するようにしましょう。

売却について

次に売却についてです。
売却におきましては注意が必要です。
売却厳禁などと記入しているものであれば当然ながら売却をすることは禁止となっています。
それ以外のものにおきましては、金券ショップなどで買い取ってくれるというケースもあるようですが、安全性や各店舗のガイドラインに基づいて買取を行わないというところもあるでしょう。
売却目的で株主優待券が欲しいという方におきましては注意をしていただきたいと思います。

株主優待券取り扱いについてのまとめ

せっかくの配当ですから、期間内に使用をしたい株主優待券。
譲渡や使用者さらには売却に関する知識をもっておくと、より快適な環境を整えていただくことができるでしょう。
なお、詳細について分からない点があるという場合には株主専用のデスクが各企業におきましては設けられているかと思いますので確認をしていただくと安心です。