株主優待は企業側にも株主にもメリットがある制度です

株主優待は株主にとっては嬉しい制度の1つです。
しかし「なぜそのような制度があるのだろうか」と疑問に感じられたこともあるのではないでしょうか。
企業側が株主優待を出せば利益が減るというイメージもありますがここでは実施の真相について触れていきましょう。

株主優待制度を実施する理由について

簡単に言えば、株主優待を行うと企業側にもいくつかのメリットが生じるのです。
このメリットがあるからこそ実施しておりそして株主も増える仕組みが作られているのです。

株と株主優待の関係性

まずは「株主が増える」という可能性です。
株主優待制度を導入することにより、それを目当てに株主が増えるという期待値が上がるのです。
上場している企業などは特に、一定の株主数を維持する必要性がありますのでその意味でもメリットが大きいというわけです。
また、株主優待が魅力的であれば売却をする人が少なくなります。
結果これは株価が安定しやすいという傾向を生んでくれますので、企業側にとっても良い環境が作れるのです。

さらには宣伝効果もあるのです。
自社製品を株主優待に含んでいる企業などは、まず使ってもらってその製品のもしくは企業そのものの「ファン」のようなものになってもらいたいという希望があります。
実際に、株主優待で使ってみて好きになったという株主も少なくありません。
配当金よりもコストを抑えつつ宣伝効果も生まれることから、やはり企業側においてもメリットは大きいといえるでしょう。
双方にとって良い側面がある制度といっても過言ではないのかもしれません。

株主優待制度と企業のメリットについてのまとめ

こうしてみていくと、株主ばかりではなく企業側にも大きなメリットがあるということがお分かりいただけたかと思います。
どんな優待がもらえるかは企業によってことなってきますので、これから購入をしたいという方は比較検討をしてみてはいかがでしょうか。
それと同時に企業そのものの安定性などもチェックしておいていただけたらと思います。