株式の仕組みと株主優待についての知識を得て上手に活用してみよう

株式に興味はあるけど難しいというイメージもあるかもしれません。
仕組みを知ることによりどなたでも簡単に株を保有することができます。
そしてそれに伴い株主優待を受けることもできるのです。
そこで今回は、株式や株主優待について考えてみることにしましょう。

株で儲ける仕組みについて

まず最初に「なぜ株式で儲けが出るのか」という点について考えてみましょう。
株式で儲かる仕組み・利益が出る仕組みというものはいくつかあるのです。
それぞれについて触れていきたいと思います。

値上がり益

別称売買益ともいうのですが、株を買った(保有)した人は売却をするという権利もドジに与えられます。
購入時の株価よりも高いタイミングで売却をすることで当然ながら金額そのものはプラスとなります。
こうして設けることを値上がり益というのです。

配当金での利益

次に配当金です。
配当金とは、企業ごとによって年に1回ないしは2回ほど支払われます。
これが配当剣で継続的に受ける現金収入のことを言います。
金額におきましては、企業ごとに異なりますので少しでも設けたいという方はこうした点も注目をすると良いでしょう。
なおこの配当金のことを「インカムゲイン」などということもあります。

株主優待

次に株主優待です。
この言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
企業ごとが株主に勇退を行うというサービスになります。
もう少し詳細について触れていきましょう。
自社製品を無料提供してくれる・優待価格でサービス提供をしてくれる・そのほか商品券などを配布してくれるといったものになります。
先の2つと比較をしていただくとお分かりかと思いますが、現金として受け取ることではありませんが優待品を厳禁換算をすると非常にお得だという株主優待もあるのです。
投資を行っている人たちの中にはこの利回りに注目をしている方もまた多いのです。

株主優待について考える

では株主優待についてより深いところで考えていきましょう。
株主優待は株を保有している企業から何らかのサービスがあるものと先に記しました。
しかしこれは「保有数」によって異なってきます。

簡単に言うと、株をたくさん持っている人はその分だけたくさんの株主優待を得ることができたりまた充実した内容の勇退を受けることができるということになります。
ただ、持っている株と株主優待の質が比例するというわけではありませんのでこの点を抑えていただくのもポイントといえるでしょう。

株主優待の使い方について

商品券などであれば、日常的に目にすることもあると思いますので使い方はご存知かと思います。
そうした形ではなく、株を保有している企業の優待券類などをどう利用していけばよいのでしょうか。

例えば飲食店であれば、あるメニューが無料などといった優待券を送付してくれることがあります。
こちらは店頭で渡していただくだけでよいものとなっています。
映画配給会社などであれば、映画館にてチケットを渡すという形になります。
ただこうして自分のタイミングで使用ができるというものばかりではありません。
事前に予約確認を必要とするもの。
さらには、航空会社など一部シーズン(繁忙期)におきましては、株主優待が使用できない・使用できてもほかの割引システムは利用できないなどというケースもありますのでご注意いただければと思います。

そして有効期限についても触れておきましょう。
年に1回ないしは2回配布をされる株主優待ですが、これらは何年先までも使用ができるというわけではありません。
一般的には「発行されてから1年」がその有効期限となっております。
利回りとしてお得だと感じた銘柄であっても、結果として使用をしないのであれば意味がありません。
株主優待を目的として株式を始めるという場合には、使用頻度という点に注目をして選んでみるのもまた1つの手段といえるのではないでしょうか。

お勧めできる銘柄をピックアップ

次に、より具体的に株主優待というところに注目をしてお勧めしたい銘柄をいくつかピックアップしていきたいと思います。

「楽天」
今では知らない人はいないというほどの企業になった楽天。
楽天の株主優待はクーポンの配布さらには、楽天スーパーポイントを3倍で付与してくれる。
抽選での野球観戦ならびに、優待価格販売。
ヴィッセル神戸グッズをプレゼント並びに優待価格での提供。
楽天証券で口座を開設している方におきましては、手数料の3割還元。
などといった充実した内容となっています。
普段からよく楽天を利用するという方には満足度の高い優待内容ではないでしょうか。

「JT」
配当利回りが5%超というお得な株主優待制度を導入しています。
年に1回、保有株数によって自社グループ製品を優待として提供しています。
株数によっては10000円以上の製品を受け取ることもできるのです。
食料品を中心とした内容となっておりますので、日々の生活にすぐに取り入れられるのおすすめできる理由となっています。

「ファーストコーポレーション」
こちらも利回りが5%を超えている優待を受けることができます。
優待内容はクオカードですのでいつでもすぐに使用ができるという魅力ある内容となっているのです。
年に1回の配布で、100株以上の保有につき提供されますので比較的に手軽な内容ともいえるでしょう。

「イオン」
各銘柄の中でも、人気の高いものがイオンとなっています。
株主優待内容は、スーパーでのお買い物がお得になる「オーナーズカード」というものを提供してもらえるのです。
保有株数につき、半年ごとに買い物金額の3~7%を返金してくれるというシステムになっています。
しかもこれは、毎月行われているお客様感謝デーで行っている特典と重ねることができるのでそれもうまく組み合わせると非常にお得に利用をしていただける内容なのです。

「日本ハウスホールディングス」
こう聞くよりも「ハウス」と聞くとピンとくる方が多いのではないでしょうか。
こちらの銘柄も人気の高いものとなっております。
株を保有することによって、各ホテルのカレーやブイヨンスープなどを株主優待として受けることができます。
年に1度提供されます。
自社関連製品ということになりますので、有効期限なども気にすることなく受け取ることも可能ですのでチケット式で貰ってもあまり使わないという方にもピッタリの内容となっているのです。

株式についてと株主優待についてのまとめ

今回は、株式で儲かる仕組みから株主優待についてまで幅広く見ていきました。
定額からでも始めることができる銘柄もありますので、自分自身のスタイルに合わせてそして株主優待内容もチェックしながら選んで始めてみてはいかがでしょうか。
株主優待内容につきましては、変更されることも先に出てくる可能性もありますのでこまめに確認をしておくのもまたおすすめとなっております。